HOME ≫ シャフト:磨耗した軸の肉盛溶接による補修のポイント

磨耗した軸の肉盛溶接による補修のポイント

軸の磨耗部分に肉盛溶接による補修を行ったが、加工後に剥離を起こし十分に補修することができないことがあります。

摩耗部を完全に削り取り、溶接しろを十分に付ける事で、再切削時に溶接の肉盛りが剥離するのを防ぐ事ができる。

軸など磨耗が起こりやすい部分への肉盛溶接の際には、磨耗部分を削ることで、しっかりとした基礎をつくります。その基礎部分へ肉盛溶接をすることでより頑丈な補修をすることができます。

<<軸曲がりの補修のポイント

軸・軸継ぎ手の芯出しのポイント>>