HOME ≫ シャフト:キーの締付機能を発揮させるポイント

キーの締付機能を発揮させるポイント

キー溝とキーの間に隙間が空いていると、回転を伝える際に衝撃を受けることがあり、キーやキー溝の損傷につながります。

キーとキー溝の隙間の調整はグラインダーではなくヤスリを使用します。またボス側を軽く叩くと、組み上がる程度の隙間にすることがポイントになり、多少テーパー気味に仕上ます。

適切な隙間でキー材とキーを締付けることで、設備の長寿命化を実現することができます。

<<軸・軸継ぎ手の芯出しのポイント