HOME ≫ プーリー スプロケット:チェーン取扱いのポイント

チェーン取扱いのポイント

チェーンは適正に張らなければ、切断、乗り上げ、脱落の原因になります。また、スプロケットの異常な磨耗の原因にもなってきます。

チェーンの適正なたるみはAの幅の2%程度とされています。他にドライバーなどを利用して1ピッチ分の余裕があれば1ピッチ詰めることができるので、1ピッチ短縮し、たわみを適正にする必要がある。

適正なテンションでチェーンを張ることが設備の安全や長寿命化の理由につながります。ドライバーなどでたわみをチェックすることで時間をかけることなく簡単に点検することができます。

<<巻き掛け伝動の組立のポイント

歯車組立のポイント1>>