HOME ≫ タンク:タンクなどの補修のポイント

タンクなどの補修のポイント

タンクの溶接箇所などの亀裂に再度溶接補修すると、溶液の滲みや金属疲労により、溶接が不十分で完全に修復できなかったり、補修した周りに亀裂が再び発生してしまう・亀裂が拡大するなどの恐れがあります。

溶接部の亀裂箇所を大きく覆うような当て板を利用して補修する事で、より頑丈な補修をすることができます。

溶接箇所の亀裂が生じた場合は、その亀裂箇所以外にもダメージが蓄積している可能性があります。そのため当て板で大きく面積をとり、亀裂箇所の回りの負担を少なくすることでしっかりとした補修ができます。

<<捻じ込み配管組み立てのポイント